不動産投資信託について学ぼう~ドンドン稼ごう投資術~

マンション

地域の特徴を生かした投資

不動産

京都で不動産投資を行うときには、国際観光都市や学園都市としてのメリットを生かすべきです。学生をターゲットに絞る場合にはシングル向けの物件を買うべきであり、観光資源も生かしながら投資を行う姿勢も重要です。

View Detail

不動産の利益を得る

セミナー

不動産投資に興味を持つ方が集まり、講師から話しを聞くことで安定収益を得られる情報収集が気軽に東京でも行えます。無料の不動産投資セミナーとして開催され、貴重な意見を聞くチャンスが挙げられています。もちろん、情報を目と耳から集めるだけではなく、構築させられる内容でも展開されています。

View Detail

個人投資家の物件探し

不動産

インフレに強い資産運用を行うときには不動産投資が最適であり、都市部に立地する兵庫県内の物件が魅力的です。老後の資産運用としてアパートの購入を考える人が多く、低金利のローンが使えることも人気の理由です。

View Detail

資産に加えておこう

グラフ

不動産を加えよう

ここ2年から3年で株価が大きく上昇してきました。長らく続いたデフレーションの時代が終わり、インフレーションの時代が始まろうとしています。インフレーションの下では物価は上昇し、預金や国債などの元本保証型の資産は目減りしていくことになります。資産運用を始める人の中には、積極的な運用を目指すよりも、これからやってくるインフレーションに備えて、資産が目減りしないようなポートフォリオを組んでいる人もいます。もしも、インフレーションに備えるために、資産運用をしようと考えているのであれば、上場不動産投資信託をラインナップに入れることを検討しましょう。上場不動産投資信託であれば、不動産価格の上昇という恩恵を通じてインフレーションに備えることができます。

利回りも高いです

中古ワンルームマンションや1棟アパートのような収益物件への投資との違いは、空室リスクの小ささです。中古ワンルームマンション1戸を保有して不動産投資をするとなると、賃借人がいなくなった途端に家賃収入がなくなってしまいます。上場不動産投資信託の場合には、多くの収益物件に投資をしているので、保有している物件の一部が空室になったとしても、その減収分が全体に与える影響は軽微です。そのため、安定した収入を確保することができるのです。つまり、上場不動産投資信託を保有していれば、インフレーションに対処できながら、毎年安定した分配金を手にすることができるというわけです。分配金利回りも3%から4%となっており、預金や国債に比べて魅力的な金融商品と言えます。